三菱ケミの生分解性素材、海洋で1年間に約90%分解 レジ袋に初採用

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
(出所:三菱ケミカル)
クリックで拡大します (出所:三菱ケミカル)

三菱ケミカル(東京都千代田区)は4月12日、植物由来の生分解性樹脂コンパウンド「FORZEASTM(フォゼアス)」を使用したフィルムが、海洋生分解性の試験において1年間で約90%の分解が確認されたと発表した(一部の製品グレードでの試験結果)。また、同グレードを使用したレジ袋が初めて、NPO法人中津まちづくり協議会(大分県中津市)に採用された。

国際基準ISOに準拠した試験を第三者機関にて実施した。試験対象はFORZEAS(BioPBSTMを使用した樹脂コンパウンド)で製膜した厚さ25ミクロンのフィルム(試料提供・キラックス)。1年間で約90%の分解を確認した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報