> > 三菱ケミの生分解性素材、海洋で1年間に約90%分解 レジ袋に初採用

三菱ケミの生分解性素材、海洋で1年間に約90%分解 レジ袋に初採用

クリックで拡大します
(出所:三菱ケミカル)

三菱ケミカル(東京都千代田区)は4月12日、植物由来の生分解性樹脂コンパウンド「FORZEASTM(フォゼアス)」を使用したフィルムが、海洋生分解性の試験において1年間で約90%の分解が確認されたと発表した(一部の製品グレードでの試験結果)。また、同グレードを使用したレジ袋が初めて、NPO法人中津まちづくり協議会(大分県中津市)に採用された。

国際基準ISOに準拠した試験を第三者機関にて実施した。試験対象はFORZEAS(BioPBSTMを使用した樹脂コンパウンド)で製膜した厚さ25ミクロンのフィルム(試料提供・キラックス)。1年間で約90%の分解を確認した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 30 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.