> > 福島・周辺県と全国で水環境の放射性物質をモニタリング 19年度結果を公表

福島・周辺県と全国で水環境の放射性物質をモニタリング 19年度結果を公表

環境省は4月13日、福島県・周辺県と全国で2019年度に実施した、水環境における放射性物質のモニタリングの結果を取りまとめ報告した。

福島県と周辺県での放射性物質モニタリングは、東京電力福島第一原子力発電所事故(福島原発事故)を受けて、その事故由来の放射性物質の水環境における存在状況の把握を目的として、公共用水域約600地点、地下水約400地点で、2011年8月以降継続的に実施している。2019年度の放射性セシウムの測定結果では、河川・湖沼・沿岸域の底質(検出下限値:放射性セシウム134、137ともに10Bq/kg)で、それぞれ約半分・約1割・約6割以上の地点で過年度を含めた平均値が100Bq/kg以下であり、残りの地点では減少傾向も見られた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.