東電HD・東レ・山梨県、再エネ由来水素を工場等へ供給 6月から

  • 印刷
  • 共有

山梨県、東京電力ホールディングス(東京電力HD/東京都千代田区)、東レ(東京都中央区)は4月15日、同県甲府市米倉山の電力貯蔵技術研究サイトで技術開発を進めてきた「Power to Gas(P2G)システム」の成果を発展させるため、共同事業体「やまなし・ハイドロジェン・カンパニー(YHC)」(仮称)の設立に向けた検討を進めていくと発表した。

山梨県、東京電力HD、東レ等が共同で技術開発を行ってきた、大型の水電解装置や水素出荷設備等の施設全体がおおむね完成し、6月から山梨県内の工場やスーパーマーケットで水素を利用する実証試験を、全国に先駆けて開始することとなった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報