> > 三菱重工、世界初・商業用LNG液化プラントにCCS技術適用へ

三菱重工、世界初・商業用LNG液化プラントにCCS技術適用へ

リオ・グランデ(Rio Grande)LNG液化プラント 完成イメージ図(出所:三菱重工)

ネクスト・ディケイド社(米国テキサス州)と三菱重工(東京都千代田区)の北米統括拠点・米国三菱重工業(MHIA/テキサス州)は4月15日、LNG液化プラントの排ガスからのCO2回収システムについて基本計画パッケージ(PDP)の提供を行うことで合意したと発表した。

今回の合意により、MHIAはCO2回収システムの基本設計、CO2回収技術のライセンス供与を担当する。経済性の検討を経て将来的に建設される予定。排ガスからCO2を回収・貯留(CCS)する技術を商業用のLNG液化プラントに適用する今回の取り組みは、同社によると、世界初となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.