日本の温室効果ガス削減目標、「2030年度46%削減」に引き上げ

  • 印刷
  • 共有
4月22日、記者会見に応じる菅義偉首相(出所:首相官邸)
4月22日、記者会見に応じる菅義偉首相(出所:首相官邸)

米国が主催する気候サミットで4月22日、菅義偉首相が演説し、日本の2030年度の温室効果ガス削減目標を「2013年度から46%削減し、さらに50%の高みに向け挑戦を続けていく」と宣言した。また、米国のバイデン大統領は、同国の温室効果ガス排出量を2005年比で50~52%削減する新たな目標を公表した。

日本政府は2020年10月に「2050年カーボンニュートラル」を宣言しており、「整合的で、野心的な目標」として今回の「46%削減」を掲げた。菅首相は「これまでの目標を7割以上引き上げるもので、決して容易なものではない」としながら「世界のものづくりを支える国として、次なる成長戦略にふさわしいトップレベルの野心的な目標を掲げることで、日本が世界の脱炭素化のリーダーシップをとっていきたい」と述べた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報