トヨタ、「水素エンジン」開発へ 競技車両に搭載 24時間耐久レースへ投入

  • 印刷
  • 共有
スーパー耐久(出所:トヨタ自動車)
スーパー耐久(出所:トヨタ自動車)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は4月22日、「水素エンジン」の技術開発に取り組むと発表した。カローラ スポーツをベースとした競技車両に水素エンジンを搭載し、5月21日から23日に富士スピードウェイ(静岡県)行われるスーパー耐久シリーズ2021第3戦富士SUPER TEC 24時間レースから「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両として投入する。

トヨタの「MIRAI」等に使用されている燃料電池(FC)が水素を空気中の酸素と化学反応させて電気を発生させモーターを駆動させるのに対し、水素エンジンはガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、水素を燃焼させることで動力を発生させる。ガソリンエンジンでも発生するごく微量のエンジンオイル燃焼分を除いて、走行時にCO2は発生しない。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報