> > 三井化学と日本IBM、プラ素材の追跡システム実用化へ 資源循環PF構築

三井化学と日本IBM、プラ素材の追跡システム実用化へ 資源循環PF構築

クリックで拡大します
(出所:三井化学)

三井化学(東京都港区)と日本アイ・ビー・エム(日本IBM/東京都中央区)は4月26日、プラスチック素材のトレーサビリティ(追跡可能性)を可能にする、ブロックチェーン技術を活用した資源循環プラットフォーム構築に向けて協働を開始すると発表した。

世界的にプラスチック需要が拡大する一方で廃プラ問題が顕在化する中、これまで以上に資源循環型経済の実現が求められている。一方、リサイクル原料の使用においては、含有物質の明確化などトレーサビリティの担保が課題となっている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.