> > パナとローソン、中国で環境配慮モデル店舗開店 使用済み機器再リース事業も

パナとローソン、中国で環境配慮モデル店舗開店 使用済み機器再リース事業も

店舗外観イメージ(出所:ローソン)

パナソニック(大阪府門真市)とローソン(東京都品川区)は4月28日、中国上海市閔行区(びんこうく)に、環境配慮モデル店舗「ローソン七しん路1010号」(しんは草冠に辛)をオープンした。

同店舗では、省エネ・省CO2化を目指し、売場の冷蔵商品ケースの室外機へのGWP(地球温暖化係数)の低い冷媒を使用した冷凍機の導入や、高効率LED照明、セルフサービスの新型電子レンジ、省エネ実行支援システム等を採用。電気使用量・CO2排出量ともに、2015年度の標準的店舗対比で約2割の削減を目指す。加えて、店内に設置するパナソニックの独自技術「ナノイー」発生器を設置した業務用エアコンや、空間除菌脱臭機「ジアイーノ」で店内の脱臭・除菌を行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.