TDK、中国のEV用リチウム電池大手と業務提携 新会社設立へ

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

TDK(東京都中央区)は4月28日、同社の子会社で二次電池事業を行うアンプレックステクノロジー(ATL/中国香港特別行政区)が、電気自動車(EV)等車載用のリチウム電池大手の寧徳時代新能源科技(CATL/中国福建省)とクロスライセンスならびに合弁会社の設立を含む業務提携について合意したと発表した。

両社が得意とする二次電池の技術やノウハウを融合し、両社で家庭用蓄電システムや電動二輪車、その他産業用途に適した中型二次電池の開発・製造・販売に特化した合弁会社を2社設立し運営する予定だという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報