> > オリンパス、2030年に「CO2排出実質ゼロ」へ 再エネへの切替など推進

オリンパス、2030年に「CO2排出実質ゼロ」へ 再エネへの切替など推進

画像はイメージです

オリンパス(東京都新宿区)は5月6日、2030年までにオリンパスグループの事業所から排出されるCO2排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル目標を設定したと発表した。目標達成に向けて今後、製造改善活動や省エネ施策を引き続き推進するとともに、自社事業所の全消費電力(一部、販売拠点などの賃借物件は除く)を再生可能エネルギー由来に段階的に切り替え、CO2削減の取り組みを加速する。

今回、「社会と協調した脱炭素(カーボンニュートラル)・循環型社会実現への貢献」を同社の重要課題(マテリアリティ)に追加し、その具体的な環境目標として「2030年までにカーボンニュートラル」を設定した。また、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に賛同し、TCFD 提言に沿った情報開示に取り組むことを決定した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 51 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.