> > トヨタとENEOS、「ウーブン・シティ」での水素活用へタッグ

トヨタとENEOS、「ウーブン・シティ」での水素活用へタッグ

Woven City 公式サイト

トヨタ自動車(愛知県豊田市)とENEOS(東京都千代田区)は5月10日、静岡県裾野市にてトヨタが建設を進める実験都市「Woven City(ウーブン・シティ)」とその近郊で、水素を「つくる」「運ぶ」「使う」という一連のサプライチェーンに関する実証を行うため、具体的な検討を開始すると発表した。

実証はトヨタの子会社でソフトウェアを中心とした様々なモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングス(ウーブン・プラネット/東京都中央区)とともに取り組みを進める。トヨタとENEOSは、Woven Cityでの水素エネルギー利活用について、以下4項目の具体的な検討を進めることに基本合意した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.