> > リコーの室内照明で発電する太陽電池、発電量が20%向上 冷凍倉庫にも対応

リコーの室内照明で発電する太陽電池、発電量が20%向上 冷凍倉庫にも対応

(出所:リコー)

リコー(東京都港区)は5月13日、室内照明のような微弱な光においても高い発電性能を発揮する固体型色素増感太陽電池モジュール「RICOH EH DSSCシリーズ」の新製品を、5月下旬から提供開始すると発表した。

新製品は、最大出力を従来製品の約20%向上させ、マイナス30℃までの低温環境下でも対応できるようにした。照明機能の付いた冷凍用の倉庫やショーケース内のセンシングをはじめとする多種多様な環境で使用可能だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.