> > 伊藤忠、船舶用アンモニア燃料の供給体制構築を加速 商船三井ら3社が参画

伊藤忠、船舶用アンモニア燃料の供給体制構築を加速 商船三井ら3社が参画

画像はイメージです

伊藤忠商事(東京都港区)と子会社の伊藤忠エネクス(東京都千代田区)は5月17日、VOPAK Terminal Singapore(VOPAK社)と取り組むシンガポールにおける舶用アンモニア燃料のサプライチェーン構築に向けた共同研究に、新たに商船三井(東京都港区)、仏TOTAL MARINE FUELS(TOTAL社)など3社が参画すると発表した。

伊藤忠商事と伊藤忠エネクスは2020年6月、シンガポールにおいてアンモニア貯蔵タンクと関連設備を保有運営するVOPAK社と同共同研究を目的とする覚書を締結した。今回、各事業分野で高い専門性と経験を持ち、シンガポールでLNG燃料供給事業を展開する商船三井、Pavilion Energy Singapore(PAVILION ENERGY社)、TOTAL社を加え、6社でこの共同開発に取り組んでいくことに合意した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.