> > 伊藤忠、船舶用アンモニア燃料サプライチェーン構築へ 海外で共同研究

伊藤忠、船舶用アンモニア燃料サプライチェーン構築へ 海外で共同研究

画像はイメージです

伊藤忠商事(東京都港区)と子会社の伊藤忠エネクス(東京都千代田区)は6月12日、VOPAK Terminals Singapore Pte(VOPAK社)と、シンガポールで、アンモニア燃料の船舶用供給に関するサプライチェーン構築に向けた共同研究を開始すると発表した。

伊藤忠商事と伊藤忠エネクスは、ドイツ企業などと、海運業における温室効果ガス(GHG)削減に向けた取り組みとして、アンモニアを主燃料とする船舶の開発を進めている。今回の共同開発について、その統合型プロジェクトの一環として位置付けており、国内外の各企業、関係省庁とも協力し取組を進めていく。

3社連携でアンモニア燃料サプライチェーン構築

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.