> > 東京都の「再エネシェア」モデル事業にTNクロスを選定

東京都の「再エネシェア」モデル事業にTNクロスを選定

再エネシェアリングのモデル図(出所:東京都)

※アグリゲーター:需要設備、発電設備、蓄電設備等のデータを分析し、最適な電力需給の調整を行う事業者

東京都は5月18日、八王子市南大沢地区を中心とした大学や商業施設等と連携して太陽光発電・蓄電池等を需給調整する再エネシェアリングモデル事業について、実施事業者をTNクロス(東京都千代田区)に決定したと発表した。

この事業は、再生可能エネルギーの自家消費を促進するとともに、太陽光発電、蓄電池、再エネ由来水素設備、電気自動車(EV)等を遠隔で最適制御するVPP(バーチャルパワープラント)の仕組を活用して、電力の需給調整を行い、地域の再エネを無駄なく利用するエネルギーシェアリングのモデル事業を実施するもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.