> > 菅首相「再エネ導入、公共・地域の脱炭素化など進める」 30年46%削減へ

菅首相「再エネ導入、公共・地域の脱炭素化など進める」 30年46%削減へ

会議で発言する菅 義偉首相(出所:首相官邸)

気候変動対策推進のための有識者会議の第3回会合が5月24日、首相官邸で開催された。菅 義偉首相は、2030年度までに温室効果ガス(GHG)を46%削減するという目標の達成に向けて「徹底した省エネや再エネなどの最大限の導入、公共部門や地域の脱炭素化など、あらゆる分野ででき得る限りの取り組みを進める。その中で50%削減の高みにも挑戦していく」と述べた。

同会合では「地球温暖化対策計画」と「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」、また、「エネルギー基本計画」等について議論が行われた。なお、地球温暖化対策計画とエネルギー基本計画は、2030年度の各分野における目標達成に向けた具体策や同年度のエネルギー構成などを示すもの。

菅首相は2030年に向けた取り組みについて説明した後「その先に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 44 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.