> > 三井ホーム、建築物の木造化・木質化を促進 サステナビリティブランド発足

三井ホーム、建築物の木造化・木質化を促進 サステナビリティブランド発足

(出所:三井ホーム)

三井ホーム(東京都新宿区)は5月31日、他構造と比較してCO2の排出量を低減できる木造建築物の普及促進を目指し、サステナビリティブランド「&EARTH with WOOD」を立ち上げたと発表した。戸建住宅をはじめ、共同住宅・文教施設・福祉施設など、さまざまな中大規模建築物のさらなる木造化・木質化を促進する。

三井不動産グループは「共生・共存」「多様な価値観の連繋」の理念のもと、環境コミュニケーションワードとして「&EARTH」(アンド・アース)を定め「人と地球がともに豊かになる社会」を目指すことを掲げている。同理念のもと、これまでサステナブルな建築資源である「木」を活かし、46年間で24万棟の住まいを建築するとともに、住宅建築で培った技術を非住宅建築物へと広げ、5000棟を超える施設系建築物を手がけてきた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.