> > コンビニ4社、食品ロス削減へ「てまえどり」呼びかけ 環境省・農水省らと

コンビニ4社、食品ロス削減へ「てまえどり」呼びかけ 環境省・農水省らと

展開イメージ(出所:環境省)

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(JFA/東京都港区)は6月1日から順次、食品ロス削減に向け、協会加盟のコンビニエンスストアであるセブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンの4社で、消費者に対し、商品棚の手前にある商品を選ぶ「てまえどり」を呼びかける取り組みを開始する。消費者庁、農林水産省、環境省の3省庁と連携した取り組み。

「てまえどり」とは、消費者の日頃の買い物の中で、購入してすぐに食べる場合に、商品棚の手前にある商品等、販売期限の迫った商品を積極的に選ぶ行動をいい、結果として販売期限が過ぎて廃棄されることによる食品ロスの削減につながる。今回の取り組みでは、消費者の「てまえどり」を促進するため、コンビニエンスストアの商品陳列棚に掲示する啓発資材を作成し、買い物をする人へ周知を行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.