> > 日本製紙、「バイオマスマテリアル事業推進本部」を新設 事業構造転換を加速

日本製紙、「バイオマスマテリアル事業推進本部」を新設 事業構造転換を加速

日本製紙(東京都千代田区)は6月29日付で、バイオマスマテリアル事業推進本部を新設する。セルロースナノファイバーをはじめとする新素材製品について、新市場開拓など、既存の事業領域を超えて新たに育成していく事業の成長を加速させる考え。

バイオマスマテリアル事業推進本部は、事業転換推進室、バイオマスマテリアル販売推進部、バイオマスマテリアル・コミュニケーションセンターの3部で構成。同社グループの事業構造転換加速のための中核組織として、他社や研究機関などの外部機関との連携強化や、既存商流を活用しての新規事業立ち上げの迅速化など、グループ横断的に活動するという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.