> > 経団連新会長、気候変動対策に注力 カーボンニュートラル行動計画策定へ

経団連新会長、気候変動対策に注力 カーボンニュートラル行動計画策定へ

十倉次期会長候補(出所:日本経済団体連合会)

日本経済団体連合会(経団連)が6月1日に開催した定時総会で、十倉 雅和氏(住友化学会長)が新たな会長に就任した。十倉会長は、定時総会後の記者会見で、2050年カーボンニュートラルの実現やサステナブルな資本主義の構築に向けた取り組みについて述べた。

十倉会長は、会見のなかで「2050年カーボンニュートラルを達成するために必要な新しい要素技術の確立には15~20年かかる。時間的余裕はなく、今すぐ着手する必要がある」と述べた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.