ベトナムの染色工場で工場排水を再生 「アジア水環境改善モデル事業」に採択

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです(ベトナムホーチミン市)
画像はイメージです(ベトナムホーチミン市)

環境省は5月31日、2021年度に実施する「アジア水環境改善モデル事業」に、Jトップ(大阪府和泉市)の「ベトナムの繊維染色産業における工場の排水リサイクル利用事業」を採択したと発表した。

共同提案者は双日(東京都千代田区)と双日ベトナム(ベトナム ホーチミン市)。同事業では、ベトナムの繊維染色産業を対象に、工場排水のリサイクル利用を目的に自動再生式活性炭ろ過装置を導入して水環境改善を図るもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報