> > 金沢工業大学、再エネの地産地消エネマネPJで実験用の蓄電池を増設

金沢工業大学、再エネの地産地消エネマネPJで実験用の蓄電池を増設

(画像左)増設したリチウムイオン蓄電池、(画像右)鉛蓄電池

金沢工業大学は6月3日、再生可能エネルギーを地産地消する「エネルギーマネジメントプロジェクト」で実験用の蓄電池を追加増設したと発表した。7.2kWh容量のリチウムイオン蓄電池(GSユアサ製)を、白山麓キャンパス(石川県白山市)KIT Innovation HUBにある実証実験システムに増設。既設15.6kWhに対し、実証実験システムとしてほぼ50%の容量アップとなった。

加えて、既設の8.2kWhの鉛蓄電池をGSユアサ製の最新のものに変更したという。既設同様にDC360V給電線にDC/DC変換器を介して接続される。充電・放電制御は、既設の組込型制御装置であるプログラマブル・ロジック・コントローラで実施される。蓄電容量が増加したことから、実証実験システムのエネルギーレジリエンス性が大幅に向上したとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.