> > 凸版印刷、再生PET樹脂を25%以上使った「非接触ICカード」を発売

凸版印刷、再生PET樹脂を25%以上使った「非接触ICカード」を発売

「TOPPANリサイクルPETカード」薄型カード(厚み0.25mm)が採用された「織りなすカード」のイメージ(表面)(出所:凸版印刷)

凸版印刷(東京都文京区)は6月7日、複層で構成されているカードの一部に再生PET樹脂を25%以上使用した非接触ICカード「TOPPANリサイクルPETカード」をギフトカード、ポイントカードなどの各種カード向けに販売開始した。今回、地域Pay(R)を活用した埼玉県蕨市の電子商品券支給事業で採用された。

同社が2010年6月に販売開始した接触ICカード対応の「環境配慮型ICカード」を、非接触ICカードにも拡大した。非接触ICカード(厚み0.8ミリ)と、バーコードやQRコードを印字可能な薄型カード(厚み0.25ミリ)の2種類に対応。ハウスプリペイドカード、ギフトカード、ポイントカード、会員証、優待カード、地域Payといったさまざまな用途に使用可能だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.