脱炭素化への「移行」資金、分野別ロードマップ策定へ モデル事業も募集開始

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

経済産業省は6月4日、省エネやエネルギー転換など着実な脱炭素に向けた移行(トランジション)の取り組みに資金供給を促す「クライメート・トランジション・ファイナンス」の推進に向け、分野別ロードマップを策定する検討会を設置すると発表した。2021年度の対象分野は、鉄鋼、化学、電力、ガス、石油、セメント、製紙・パルプ等を想定している。

また、5月に策定した「クライメート・トランジション・ファイナンスに関する基本指針」(手引き)に適合し、モデル性を有すると考えられるファイナンスの事例を募集し、好事例を創出するモデル事業を開始する。評価費用の負担を軽減するため外部評価の費用を一部支援する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報