> > イオン、有料レジ袋収益金約1500万円を自治体や団体へ寄付 20年度分

イオン、有料レジ袋収益金約1500万円を自治体や団体へ寄付 20年度分

画像はイメージです

イオン(千葉県千葉市)は6月7日、イオンリテール(同)の2020年度の有料レジ袋の収益金の全額1457万4698円を、環境月間に合わせて、自治体や団体などへ順次寄付すると発表した。地域の環境保全活動に役立ててもらうという。なお、収益金とは、販売価格(税抜き)から仕入原価を差し引いた額。

本州や四国の「イオン」「イオンスタイル」など、約400店舗での有料レジ袋の販売収益が対象。寄付先は、各地域の自治体や団体で、計86団体に贈呈予定。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.