> > G7サミット閉幕、2050年ネット・ゼロに向けグリーン革命支援など合意

G7サミット閉幕、2050年ネット・ゼロに向けグリーン革命支援など合意

G7サミットの様子(出所:内閣広報室)

主要7カ国首脳会議(G7サミット)が6月11日から13日にかけて、英国・コーンウォールにて開催された。今回のサミットは、英国のジョンソン首相が議長を務め、日本の菅 義偉首相や米国のバイデン大統領らが出席した。

約2年ぶりの対面での開催となったサミットでは、新型コロナウイルスへの対応や経済対策、気候変動、外交政策、中国問題など、幅広いテーマで議論が行われ、コミュニケ(共同宣言)が取りまとめられた。

気候変動では、雇用を創出し、温室効果ガス(GHG)排出を削減し、世界的な気温上昇を1.5度に抑えることを追求するグリーン革命を支援すること、2025年までに気候資金を増加・改善させつつ、遅くとも2050年までに、温室効果ガス(GHG)排出のネット・ゼロを達成することを約束した。

G7メンバー国は、COP26までに

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.