> > 大和ハウス工業、「森林破壊ゼロ達成」へ木材調達で4つの方針を策定

大和ハウス工業、「森林破壊ゼロ達成」へ木材調達で4つの方針を策定

画像はイメージです

大和ハウス工業(大阪府大阪市)は6月16日、2030年までに建設する建物における木材調達に伴う森林破壊を根絶するため4つの方針を策定したと発表した。森林破壊ゼロの方針を策定しないサプライヤーからの木材調達は原則禁止するほか、木材調達調査の対象範囲の拡大などにより「森林破壊ゼロ」の達成を目指す。

同社グループは環境長期ビジョンにおいて、創業100周年となる2055年までに、グループ、グローバル、サプライチェーンを通じて「環境負荷ゼロ」の実現を目指している。重点テーマの一つとして「自然環境との調和」を掲げ、2030年までに建設する建物における木材の調達に伴う森林破壊をゼロにし、2055年までに全事業における材料調達による森林破壊を根絶することを目標としている。

今回、木材調達における方針として下記の4つを掲げた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.