> > KDDIとノキア、AI制御で携帯基地局の電力使用量を最大50%削減へ

KDDIとノキア、AI制御で携帯基地局の電力使用量を最大50%削減へ

基地局AI制御と基地局液体冷却の導入イメージ(出所:KDDI)

KDDI(東京都千代田区)は6月18日、ノキアソリューションズ&ネットワークス(ノキア/東京都港区)が提供する2つの技術をKDDIの商用の基地局に導入し、顧客の体感品質を維持しつつ、電力使用量削減の効果を検証する実証実験を開始すると発表した。携帯電話基地局の電力使用を抑えることでCO2排出量の削減を目指す。

この実証試験では、ノキアの基地局AI制御技術と基地局液体冷却技術の2つの技術を日本で初めて、商用の携帯電話基地局へ導入する。基地局AI制御技術では基地局ごとのトラフィック量変化を分析し動的に電波を停波・発射することで電力使用量の最大50%削減、基地局液体冷却技術では基地局設備が収容されている室内にある空調の電力使用量の70%以上削減を目指す。

KDDIは各技術の効果検証と顧客へのサービス影響の確認結果から、必要な追加開発や対象基地局の抽出を行い、2023年頃の本格導入を目指す。

実証試験の概要は以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.