> > 千葉銀行とGDBL、電力データ活用サービス提供へ検討開始 エコ貯金等提案

千葉銀行とGDBL、電力データ活用サービス提供へ検討開始 エコ貯金等提案

クリックで拡大します
(出所:千葉銀行)

千葉銀行(千葉県千葉市)と、東京電力・NTTデータらが出資するグリッドデータバンク・ラボ(GDBL/東京都千代田区)は6月21日、「電力データ活用検討に関する基本合意書」を締結し、電力データを活用した新サービスの具体的な検討を開始した。

2020年6月の電気事業法改正により、今後は契約者本人の同意と個人情報保護法の遵守を前提に、電力データを活用した様々なサービスが提供できるようになる見通しだ。両者は今後、電力使用量の見える化や節電量に応じて貯金する「エコ貯金」の提案、異常な生活パターンを検知し高齢者世帯の見守りに役立てるといったユースケースについて「ちばぎんアプリ」と連携したサービスを検討する。

さらに、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 48 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.