> > Looop・みん電など新電力が連携 「再エネ推進新電力協議会」を設立

Looop・みん電など新電力が連携 「再エネ推進新電力協議会」を設立

記者会見の写真(出所:Looop)

Looop(東京都台東区)とみんな電力(東京都世田谷区)など5社は7月1日、電力小売事業者が新電力業界における課題に対応し、さらなる再生可能エネルギーの活用を目指して協働するための新組織「再エネ推進新電力協議会(Renewable Energy Accelerating Providers association:REAP)」を設立したと発表した。

5社は「再エネ普及拡大を目指す新電力は地域新電力などを中心に拡大しているものの、その規模はまだ小さく、制度設計や電力小売事業に関する知識の共通化や、再エネ主力電源化や、健全な競争環境維持に向けた議論と意見醸成の仕組みが十分ではない」と指摘する。また、これに必要な制度設計への提言といった活動も必要だとして、再エネの推進と電力業界の健全な発展を目指し、REAPを6月16日に設立した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.