> > 東京ガス、東京下水道エネルギーへカーボンニュートラル都市ガス供給開始

東京ガス、東京下水道エネルギーへカーボンニュートラル都市ガス供給開始

画像はイメージです

東京ガス(東京都港区)は7月1日より、地域冷暖房事業者である東京下水道エネルギー(同中央区)の新砂三丁目地区に、カーボンニュートラル都市ガス(CN都市ガス)の供給を開始した。

今回供給されるCN都市ガスの概要は、次の通り。

  • 供給サイト:東京下水道エネルギー 新砂三丁目地区(東京都江東区新砂)
  • 供給量: 約84万立方m/年
  • 供給開始時期:2021年7月1日

CN都市ガスは、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生する温室効果ガスを、CO2クレジットで相殺(カーボン・オフセット)し、燃焼しても地球規模ではCO2が発生しないとみなすLNG(CNL)を活用したもの。東京ガスが2019年に輸入を開始し、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 43 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.