> > 太陽光発電第8回入札、最低落札価格10円/kWh 制度見直し後初の実施

太陽光発電第8回入札、最低落札価格10円/kWh 制度見直し後初の実施

画像はイメージです

低炭素投資促進機構(東京都中央区)は6月18日、固定価格買取制度(FIT法)による入札制度に基づき出力250kW以上の事業用太陽光発電設備を対象に実施した第8回入札(2021年度第1回)の結果を公表した。

第8回の入札量(募集容量)は208MW(208,000kW)で、上限額11.00円/kWhを公表して実施した。入札の結果、135件が落札。落札された出力の合計は208,000.0kW。最低落札価格は10.00円/kWh、最高落札価格は10.98円/kWh。加重平均落札価格は10.82円/kWhだった。最低落札価格は2020年度下期の「太陽光第7回入札」(10.48円/kWh)より0.48円/kWh減となった。なお、2020年度上期の「太陽光第6回入札」の最低落札価格は10.00円/kWhだった。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 73 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.