横浜環境デザイン、PPAで1MWの自家消費型太陽光設置 物流施設屋上に

  • 印刷
  • 共有
ESR市川ディストリビューションセンター(出所:ESR)
ESR市川ディストリビューションセンター(出所:ESR)

横浜環境デザイン(神奈川県横浜市)は6月28日、ESR社(東京都港区)が所有する物流施設の屋上に自家消費型の太陽光発電設備1MWを施工・所有し、電気料金として投資回収を行うソーラーPPA事業を開始したと発表した。

この事業では、横浜環境デザインがESR社の物流施設「ESR市川ディストリビューションセンター」の屋根に太陽光発電設備を設置し、発電した電力を需要家に売電する。同発電設備のパネル容量は1007.01kW、年間発電量は1,093,483kWhで、年間CO2削減量は559,864kg-CO2を見込んでいる。なお発電設備は、グループ会社である合同会社YKDエナジー(神奈川県横浜市)が所有する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報