> > 日本郵船、日本初トランジションボンド200億円発行 LNG燃料船等に充当

日本郵船、日本初トランジションボンド200億円発行 LNG燃料船等に充当

画像はイメージです

日本郵船(東京都千代田区)は7月2日、脱炭素化に向けた長期的な移行(トランジション)戦略に則ったプロジェクトへの投資を使途とする「トランジションボンド」を、国内で初めて、国内公募形式で7月に発行すると発表した。発行額は合計200億円。

調達資金の使途として、ESG経営を成長戦略とする具体的な活動を明示した「NYKグループ ESGストーリー」(2021年2月発表)に掲げた、エネルギー分野における事業タイムライン(ロードマップ)で予定する投資(新規支出・既存支出のリファイナンス)等をあげる。具体的には、LNG(液化天然ガス)燃料船やLNG燃料供給船、運航の高効率化・最適化に資する技術開発のほか、洋上風力発電設備設置を支援するSEP船、アンモニア燃料船、水素燃料電池搭載船、LPG燃料船に関わる支出など。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.