> > 地球温暖化で台風による災害は激甚化するか 環境省が影響評価の中間報告

地球温暖化で台風による災害は激甚化するか 環境省が影響評価の中間報告

画像はイメージです

環境省は7月2日、将来の気候変動影響を踏まえた適応策の実施に役立てるため、近年大きな被害をもたらした台風について、地球温暖化が進行した世界で発生した場合の影響について評価する事業の中間報告を公表した。

2019年東日本台風(台風第19号)を対象に、地球温暖化が進行した世界で同様の台風が襲来した場合の影響について評価し、その結果、地球温暖化が進行した世界では台風がより発達し、同台風通過時には氾濫を防ぐことができた河川での氾濫のリスク、沿岸や河川の河口付近での高潮による浸水リスクが高まることが示された。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.