> > セブン‐イレブン、店内販促物のプラ削減 合成紙「ユポグリーン」採用

セブン‐イレブン、店内販促物のプラ削減 合成紙「ユポグリーン」採用

店内に設置する販促物(出所:セブン‐イレブン・ジャパン)

セブン‐イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は7月5日、セブン‐イレブン店舗内に設置する販促物を順次、石油由来プラスチック使用量を抑えた素材に切り替えると発表した。

一部ではすでに紙製販促物を使用しているが、冷蔵や冷凍等異なる温度帯に設置するものは、耐久性の観点からプラスチック製を使用している。今回新たに使用する素材「ユポグリーン」は独自製法と植物由来のバイオマス樹脂を配合することで、従来の素材より石油由来プラスチック量を約12%削減できるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.