> > 北海道電力ら、水素・脱炭素事業推進へ新組織 道内・道外企業をマッチング

北海道電力ら、水素・脱炭素事業推進へ新組織 道内・道外企業をマッチング

プラットフォームのイメージ(出所:北海道電力)

北海道電力(北海道札幌市)は7月7日、道内民間企業8社とともに、水素事業等に取り組みたい道内企業と、北海道で水素事業等を展開したい道外企業を結び付け、プロジェクトの組成につなげていく組織「北海道水素事業プラットフォーム」を設立したと発表した。

このプラットフォームは、北海道における水素サプライチェーン構築の早期実現、将来的には北海道が国産グリーン水素活用のパイオニアになることを目指して設立された。民間企業が有する知見・技術をオープン・シェアの精神で結集し、北海道における水素社会・カーボンニュートラルの実現をめざした様々なプロジェクトを創出するための民間企業の連携の場であり、北海道では初めての組織体となる。今後、プロジェクトの担い手となる会員(道内・外の民間企業)を募り、活動の幅を広げていく。

発起人企業(設立時会員)は、北海道電力、北海道を中心にコンビニエンスストアを展開するセコマ(札幌市)、建設コンサルタントのドーコン(同)、北洋銀行(同)、サービスステーションを運営する石油販売会社の北海道エネルギー(同)、北海道ガス(同)、北海道銀行(同)、北海道旅客鉄道(同)、雪印メグミルク(東京都新宿区)の9社。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.