> > 企業に「脱炭素経営」が求められる背景とその実践についてウェブセミナー開催

企業に「脱炭素経営」が求められる背景とその実践についてウェブセミナー開催

香川県は7月15日、第1回ゼロ―ボンキックオフ事業者向けセミナー「脱炭素経営が求められる背景とその実践」をオンラインで開催する。講師には国立環境合研究所 江守 正多氏らが登壇。県内に本社や生産・営業拠点を持つ企業だけでなく、取引先などのステークホルダーを持つ事業者にも参加を呼び掛けている。時間は14時から16時までの2時間で定員は100人。参加費は無料。申し込み締め切りは7月12日17時。

菅 義偉首相が2020年10月に「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」ことを宣言するなど、日本でも脱炭素化の取り組みが加速している。香川県も2月に「2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにする」ことを表明。今後、脱炭素社会の実現に向け、県民と事業者が目指すゴールを共有し、対策に取り組む必要がある。

セミナーでは、企業の経営・事業の計画策定などに役立ててもらうため、脱炭素経営が必要となる背景や先進事例などを解説する。脱炭素の取り組みを模索している企業のほか、「エネルギーコストを削減のために再エネを活用できないか」「脱炭素・エネルギー使用削減などが目標になっている」などの課題や目標を持つ人にも参加してほしいとしている。

セミナーの内容は以下の通り。

第1回ゼロ―ボンキックオフ 事業者向けセミナー

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 33 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.