> > アミタ・NECグループら、北九州で使用済プラ回収実証 年度内に全国展開へ

アミタ・NECグループら、北九州で使用済プラ回収実証 年度内に全国展開へ

(出所:アミタホールディングス)

アミタホールディングス(京都府京都市)とNECソリューションイノベータ(東京都江東区)は7月8日、両社が発起人として参画する「九州サーキュラー・エコノミー・パートナーシップ」(K-CEP/ケーセップ)が、北九州市で使用済みプラスチック回収実証実験を実施すると発表した。

K-CEPは、九州エリアでのサーキュラーエコノミー実現を目的とする産官学民連携の新事業共創プラットフォーム。今回実施する使用済みプラスチック回収実証実験「MEGURU BOX(めぐるボックス)プロジェクト」は、K-CEPが主体となり10社以上の企業・団体と連携し、使用済みプラスチックの資源循環の仕組み化に取り組むもの。7月9日から約6カ月間、福岡県北九州市の流通小売店舗や公共施設等に、使用済みプラスチックボトルやパウチ等を回収する「MEGURU BOX」を設置し、住民に分別回収を呼び掛ける。ICTの活用によって資源の回収率を向上させる仕組みを検証するとともに、回収したプラスチックの水平リサイクル等を推進する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.