> > 中部電力、第2弾となるグリーンボンド発行 脱炭素化の取り組みを加速

中部電力、第2弾となるグリーンボンド発行 脱炭素化の取り組みを加速

(出所:中部電力)

中部電力(愛知県名古屋市)は7月9日、中部電力グリーンボンド10年債(第545回社債・100億円)を発行すると発表した。

同社は3月23日、2050年の脱炭素社会の実現に向けた同社グループの新たな方針を示した「ゼロエミチャレンジ2050」を公表し、2050年までに、事業全体のCO2排出量をネット・ゼロにすると宣言。「ゼロエミチャレンジ2050」を支える基盤としては、積極的・効率的な投資を進め、グリーンボンドなどによる資金調達の多様化を図っていく方針を示していた。4月には同社初となるグリーンボンドを発行しており、今回は第2弾となる。
同社は再生可能エネルギーに関して、2030年頃をめどに200万kW以上開発することを目標としており、4月と今回の発行により調達した資金を、再エネの開発・建設・運営・改修に活用していく考えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 19 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.