> > 豊田通商、「再生可能天然ガス」を製造する米企業に出資 水素製造に活用

豊田通商、「再生可能天然ガス」を製造する米企業に出資 水素製造に活用

クリックで拡大します
家畜ふん尿由来RNG製造・供給バリューチェーンイメージ(出所:豊田通商)

豊田通商(愛知県名古屋市)は7月12日、米国カリフォルニア州で、家畜ふん尿由来の「再生可能天然ガス」(RNG)を活用して、水素を製造・供給・利活用するバリューチェーン構築に向けた取り組みを本格的に開始すると発表した。2022年初旬の商用化を目指し7月下旬に生産・試運転を開始する予定。

豊田通商と豊田通商アメリカは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業の採択を受け、カリフォルニア州のロサンゼルス港において、大型港湾機材動力源の水素燃料電池化(FC化)と、家畜ふん尿を由来としたバイオガス活用による水素製造の実現可能性調査を、2020年9月より開始している。調査期間は2022年3月までの予定。

今回、豊田通商アメリカ(TAI)が4月に、カリフォルニア州で家畜ふん尿由来のRNGの製造・販売を行うMerced Pipeline社に出資したことを発表。この出資により、RNG由来の水素の地産地消のバリューチェーン構築を目指すとともに、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.