> > 九電・関電らに公取委が立入調査 特別高圧・高圧で独占禁止法違反の疑い 

九電・関電らに公取委が立入調査 特別高圧・高圧で独占禁止法違反の疑い 

九州電力(福岡県福岡市)と九電みらいエナジー(同)、中国電力(広島県広島市)、関西電力(大阪府大阪市)の4社は7月13日、独占禁止法違反の疑いで、公正取引委員会の立入検査を受けたと発表した。

4社は、特別高圧電力と高圧電力の供給について、共同して中部地区・関西地区・中国地区・九州地区における顧客の獲得を制限している疑いがあるとして立入検査を受けた。九州電力などは「立入検査を受けたことを厳粛に受け止め、公正取引委員会の調査に対し全面的に協力していく」とコメントした。

4月には中部電力など4社で立入検査

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 54 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.