> > 藤沢市×小田急電鉄が連携協定 ボトルtoボトル推進、廃棄物DXなど

藤沢市×小田急電鉄が連携協定 ボトルtoボトル推進、廃棄物DXなど

(左から)藤沢市 鈴木 恒夫市長、小田急電鉄 星野 晃司社長

神奈川県藤沢市と小田急電鉄(東京都新宿区)は7月16日、持続可能な地域循環型社会の推進とSDGsの達成を目指す連携協定を締結した。 プラスチックごみの対策として駅でボトルtoボトルに向けたペットボトル回収を検討するほか、廃棄物収集業務のDX化推進などに取り組む。

具体的な活動テーマは(1)プラスチックごみの削減や海洋プラスチックごみ対策に関すること、(2)環境美化に関すること、(3)ごみ減量の推進に関すること―の3点。協定締結にあわせて、同日から、マイボトル普及に向けた給水スポット情報の拡充・発信や、小田急電鉄が提供するアプリを活用した食品ロス削減対策などをスタートした。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.