> > 東電EPなど、羽田空港で感染症対策システムの実証実験 省エネ効果も検証

東電EPなど、羽田空港で感染症対策システムの実証実験 省エネ効果も検証

(出所:東京電力エナジーパートナー)

神戸大学(兵庫県神戸市)、日本空港ビルデング(東京都大田区)、東京電力エナジーパートナー(東京都中央区/東京電力EP)、日本ファシリティ・ソリューション(東京都品川区/JFS)の4社は7月18日から、羽田空港内において、空気清浄ユニット「ウイルスフリーエア」によるウイルス除去効果と、空調システムの省エネ効果の実証実験を開始した。

同実証実験では、5台の「ウイルスフリーエア」を羽田空港第1ターミナル南側の手荷物受取場の5か所に設置し、2022年3月まで検証を行う。実証実験後、年間を通じたウイルス除去性能や省エネ効率をもとに、イベントホールや商業施設等の大規模空間を保有する事業者に対して、産学連携によるサービスの展開を目指す。

「ウイルスフリーエア」は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.