> > マイクロソフト、持続可能性の取り組みに関する進捗状況を公開

マイクロソフト、持続可能性の取り組みに関する進捗状況を公開

(出所:マイクロソフト)

米マイクロソフトは米国時間7月14日、パートナー向けカンファレンス(オンライン開催)の中で、同社の持続可能性の取り組みに関する進捗状況を発表した。

マイクロソフトが掲げる持続可能性に関する目標は次の通りだ。

“2030年までにカーボンネガティブ、ウォーターポジティブ、そしてゼロウェイストを達成し、Planetary Computer の開発により生態系を保護する”

まず、カーボンネガティブに関しては、これまでの脱炭素化の取り組みの成果を踏まえ、2022年6月期に脱炭素化に向けた新たな再エネの購入の意思があると言及し、関心のあるサプライヤーからの提案を募集すると述べた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.