> > 脱炭素社会の進展、企業の14.8%が自社事業に「プラス」 帝国データ

脱炭素社会の進展、企業の14.8%が自社事業に「プラス」 帝国データ

画像はイメージ

帝国データバンク(東京都港区)は7月26日、脱炭素社会に向けた企業への影響について調査を実施した結果を発表した。脱炭素社会の進展を「プラスの影響」とした企業は14.8%となった。他方、「マイナスの影響」とした企業は16.1%、「影響はない」は35.0%、「わからない」は34.0%だった。

電気自動車(EV)の普及が自社事業に「プラスの影響」があるとした企業は13.4%となった。他方、「マイナスの影響」とした企業は14.9%、「影響はない」は40.7%、「わからない」は31.0%だった。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.