> > JERA、米・火力発電所で水素利用へ 最大4割までの混焼が可能に

JERA、米・火力発電所で水素利用へ 最大4割までの混焼が可能に

リンデンガス火力発電所(出所:JERA)

JERA(東京都中央区)は7月28日、同社が出資する米国・リンデンガス火力発電所で水素の利用を行うと発表した。事業会社が同発電所6号機で、隣接する石油精製事業者の石油精製所から供給される水素を含むガスと天然ガスの混焼を行えるよう、2022年頃の完工を目指し、既存のガスタービンの改造工事を進める。

完工後、6号機は最大40%までの水素の混焼が可能となり、最大で同機からのCO2排出量の約10%に相当するCO2排出量が低減できる見込み。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.