> > 愛知県、EV充電用の高効率・小型・軽量蓄電池を産官学研究開発PJで開発

愛知県、EV充電用の高効率・小型・軽量蓄電池を産官学研究開発PJで開発

開発したGaNインバータ(出所:愛知県)

愛知県は7月29日、産学行政連携の研究開発プロジェクト「知の拠点あいち重点研究プロジェクト3期」において、EV充電用をめどに、従来製品より高効率・小型・軽量等の特徴を持つGaNインバータ搭載蓄電池を開発したと発表した。

GaN(窒化ガリウム)は、現在主流のSi(シリコン)に比べ電力損失を大幅に低減できるため、次世代半導体材料として注目されている材料。同プロジェクトで開発したGaNインバータ高速スイッチング技術を活用することで、インバータの高効率、小型・軽量化、高速充電を実現した。また、開発品はコンセントからの入力1500Wと蓄電池内のバッテリーを合わせた3000Wの出力を持ち、電気自動車(EV)を2台同時に充電することが可能だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.