> > 洋上風力発電開発へ、「山形県酒田市沖」など3海域で調査実施へ

洋上風力発電開発へ、「山形県酒田市沖」など3海域で調査実施へ

画像はイメージです

経済産業省と国土交通省は7月30日、NEDOの「洋上風力発電の地域一体的開発に向けた調査研究事業」を実施する海域について「北海道岩宇及び南後志地区沖(着床式)」「山形県酒田市沖(着床式)」「岩手県洋野町沖(浮体式)」の3海域を選定したと発表した。

この事業は、事業者の重複調査が見込まれる海域において、より効率的に案件形成を行う手法を確立するために実施する。促進区域等の区域指定が行われる前段階にある海域において、洋上風力発電事業の基本設計に必要な、(1)風況の調査、(2)海底地盤、気象海象に関する調査、(3)環境影響評価のうち、初期段階で事業者が共通して行う項目に関する調査、(4)漁業実態調査、等を実施し、得られた技術的手法や調査手法をもとに、地域と一体となった海域の開拓に向けた方向性等についての検討を行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.