> > 東北電力、火力発電の脱炭素化へ新たな実証・研究開始 30年度に排出量半減

東北電力、火力発電の脱炭素化へ新たな実証・研究開始 30年度に排出量半減

東北電力(宮城県仙台市)は7月30日、「カーボンニュートラルチャレンジ2050」の取り組みを加速させるため、検討・推進体制の強化を図るとともに、2030年度におけるCO2削減目標を設定し、火力の脱炭素化の実証・研究などの具体施策を進めると発表した。

2030年度CO2削減目標は、東北電力グループとして、2013年度実績からの半減を目指すことを掲げた。この達成に向けて、グループが一体となり「再エネと原子力の最大限活用」、「火力の脱炭素化」、「電化とスマート社会実現」に取り組み、2050年でのカーボンニュートラル実現を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.